♫8/26スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド!

私がヴォーカルを務めるアフロブラジルユニット
Gingafroがスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドに出演します!

スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドとは、
世界の今の音楽がギュギュ~ッと詰まった
日本最大規模のワールドミュージック・フェスティバル。
富山県の南砺市で行われます。

メインテーマは「音楽を通した異文化交流」だそう。
アフロブラジルをベースとしながらも様々な音楽を独自に表現する我々に
とって参加することそのものが喜ばしく、
また、他のアーティストのパフォーマンスも楽しみでなりません!

 

2017年8月26日(土)14;00〜14:30頃
ガーデンステージ 無料
スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2017

 

Gingafroは何度も我がコーラスユニットSOSとコラボしておりますが、
この9/30に予定している10周年LIVEでもサポートしてもらいますが
今回はスペシャルゲストもおり、特別編成でお送りします!

 

これは2016年クリスマスLIVEのGingafro&SOS

Gingafro:ジンガフロ
ブラジル北東部、バイーア州のアフロブラジリアンダンス&音楽集団として2007年に結成。
日本では数少ない、ブラジルの宗教的芸能「カンドンブレ」のダンス&音楽表現をベースに、
ブロコアフロ(Samba Reggae)、ゴスペルなど、アフロ:アフリカ由来 の要素をどん欲に吸収し、
さらに日本のポップ民謡:演歌まで取り込み、独自のミクスチャーを体現。
その唯一無二のスタイルで、ブラジル絵画展でのパフォーマンスや
ラテン系イベントへの出演を重ねながら、独自のライブやワークショップも主催。
ジンガフロのナビゲートでアフロブラジルの深みにハマる人も急増中?!
*Gingafro=
【Gingaジンガ:ブラジル人の根底にある柔軟性に富んだリズム/心意気など】+【Afroアフロ:アフリカ由来の】


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

歌手・ボイストレーナー。

ゴスペルグループのメンバー・リーダーとして年間120程のウェディングシーンで活躍。ソウルフルな歌声が人気を呼び、CMコーラスやソロライブへと活動を広げる。数年後原因不明の成人喘息の発症をきっかけに一時キャリアを断念し外資系企業の正社員へと転向するも、治療の一環として学んだ心理学やメンタルヘルス学を通し、自分の思考や行動パターンを自らトレーニングし本格的にヴォーカル活動も再開。説得力を増した歌声を聴き希望者が増え2013年にレッスンをスタート。


愛と笑いがモットーのコーラスユニットSound Of Spirtのリーダー。
病気や子育ての経験を元に心と身体の健康に着目したワークショップなどが好評。学校教育現場や企業パーティー、各種イベントなどで活動中。
アフロブラジルユニットGingafroボーカル。
夫は熱くてピュアなブラジル人。

目次
閉じる